* 旅人うさこの ウラ技!旅行準備術 *

* 旅の持ち物 * 旅の通信 * 旅のお金 * 紛失・盗難対策 * 旅の写真
* HOME * リンク集 * このサイトについて *

旅の持ち物
もって行ってはいけないもの
* 旅行にコレは要らない! - その1-
* 旅行にコレは要らない! - その2-

ウラ技的!持って行くと便利なもの
* 最重要品
* デジカメまわり
* 腕時計の選び方
* 電子辞書の選び方
* 蚊対策
* お風呂まわり
* 洗濯物関係
* セキュリティー関係
* 灯り関係
* 旅のお薬

HOMEに戻る
旅のお金
お金はどうやって持って行く?
* こうやって持っていこう!
* T/C
* 現金
* 海外ATMカード
* クレジットカード

HOMEに戻る

海外旅行に持っていくお薬

予防が肝心! 旅の衛生管理とお薬

整腸剤
(日本で買いましょう)
ビオフェルミンをこまめに服用するのがおススメ。

旅行中におなかを壊すのは、疲れや食べ物の変化で、腸内環境のバランスが崩れているからです。
強い下痢やアメーバの繁殖は、かかってしまうと体力が落ちて、治療にも時間が掛かります。未然に防ぐようにしましょう。
ビオフェルミンのような、善玉菌の入った薬は英語で「プロバイオティック」と言います。そして、これが海外で買うと結構高い。
ビオフェルミンラクトーンは、善玉菌の含有量が多い割には値段が高くないので、日本で購入するのがお勧めです。
善玉菌を腸内に増やしておけば、少々のバクテリアが入っても、大丈夫!だと思います。
粉状のポカリスエット 熱中症、脱水症状の予防に! 下痢をした時、頭痛がする時、すぐに水分補給を!

普通のミネラルウォーターでは、体はなかなか潤いません。電解質の入っているポカリスエットを1リットル一気飲みすると、大体の体調の不良は改善されます。
海外ではORS(Oral Rehydration Solutions)と言えば、薬局や、途上国なら小さな売店でも安価で手に入ります。
しかし!外国のORSはまずい。いろんなフレーバーが用意されている事もあるけれども、必ずまずいです。慣れてくれば、それなりにエンジョイ出来ますが。。
それに比べて、日本のポカリスエットは不思議なくらいに美味しいです。外国で体を壊した時に、ポカリスエットを飲むと、その味に癒されます。
もったいないので、薄めて飲みたくなりますが、1Lあたり一袋の法則を守らなければ、味が格段に落ちるので、しっかり守りましょう。
風邪薬など どの国でも簡単に安価で手に入ります。外国は薬事法などが日本より甘いので、日本のものよりも、ガツンと効くかもしれません。
ハンドサニタイザー 病気の感染経路の80%は、自分自身の手指からだそうです!
私も実際そうだと思います。旅行中、特に移動中と食事前は、手指の消毒をきっちりしましょう。ポイントは右手の親指と人差し指を念入りに綺麗にする事です。
この2本の指が、口はもちろん、目や鼻に触れる確立が高いからです。しかし、手を洗う時に観察してみると、意外とこの2本の指がきちんと洗えていません。
外国の水や蛇口などは、日本のように安全ではありません。まずは水で汚れを落として、席について食事をする直前にハンドサニタイザーで仕上げる、がお勧めです。
食事の邪魔にならない無香料タイプがお勧めですが、なかなか見つかりません。日本の除菌ティッシュでもOKだと思いますが、液体ジェルタイプのハンドサニタイザーは、どの国でも薬局で簡単に安価で手に入ります。

外国には安くて色んな種類のハンドサニタイザーが売っています。薬局や消毒石鹸コーナーでみつかります。

旅のお金はどうやって持って行く? へ



© 2005 Michika Shiono, all rights reserved
当サイトの無断転載・複製(情報、デザインを含む)を固く禁じます。 当サイトはリンクフリーです。



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO