旅行写真ベスト集

1万枚以上撮った旅行写真の中から、好評の写真を選り抜きました。




nepal
itravelforyou.com 2004年2月4日 ネパール、カトマンズの写真から  撮影: 塩野道可
青物屋の息子

カトマンズは バンダをしていた。

バンダとは、マオイストや学生団体などが、
町中の商店や交通機関を休業させる、一種のスト行為。

バンダ中にも関わらず、この青物屋は開店していた。
この頃にはバンダが頻繁に行われすぎていて、
まぁ、ちょっとくらいなら営業してもいいや、
という雰囲気が流れていた。

コカコーラなどは絶対飲まない私の為に、
オレンジジュースをてきぱきと絞ってくれた、
将来のお店の大将。



アマゾンに沸き立ち、雨を降らす入道雲

アマゾン流域で見かけた旅行客は
ガイドから船、ホテルまですべてアレンジした
いわゆる金持ちのパッケージ旅行客ばかりだった。

アマゾン本流は道路で言うとハイウェーみたいなもので
自然を体験するにはアマゾン支流の
ジャングルに入らなければならない。
しかし個人旅行者がジャングル体験できる情報や施設は
全くといっていいほど無い。

いちかばちかで、民間のボートに乗って、
アマゾン支流に孤立した小さな村を訪ねた。
日本人が来るのが初めてだった村らしく、
村人はみんな笑顔で迎えてくれた。




itravelforyou.com 2005年3月19日 コロンビア、プエルト・ナリーニョの写真から 撮影: 塩野道可







itravelforyou.com 2004年11月17日 モロッコ、サハラ越えの写真から  撮影: 塩野道可
スパニッシュ・ロード

モロッコ南方に位置する西サハラは
独立を目指しているが、私が行った時には、
主要な町はモロッコの管理化に置かれ、
モロッコ政府によるインフラ整備、
モロッコ人入植が盛んに行われていた。

その西サハラのさらに南の端、
モーリタニアの国境あたりは、
ノーマンズランド(誰も所有されない土地)と呼ばれている。

ここから南へ、モーリタニアに続く
スパニッシュ・ロードと呼ばれる
スペイン植民地時代に舗装された道がある。
何十年も放置されているので、荒れ放題、
日に日に崩れ落ち、砂漠に消えていく。

さらにこの辺りには地雷がたくさん埋めてある。
地雷を踏まないように、前の車の轍に沿って運転する。



標高4000mの、塩と水のマジック

ウユニの塩湖は、雨季で水浸しだった。

真っ白の塩が延々と広がる平らな高地に
雨水が張っている。

この自然現象の効果は見てのとおり。

広大な塩湖に映った空が、地平線を消してしまう。




itravelforyou.com 2005年2月9日 ボリビア、ウユニの写真から 撮影: 塩野道可







itravelforyou.com 2004年6月8日 中国、ヤンショウの写真から  撮影: 塩野道可
漂流(ピョウリョウ)

風光明媚な川沿いの道を自転車で
何キロも上っていったのはいいが、
へとへとに疲れて、日も傾いてきて、
どうやって帰ろうか、
不安になって川辺に座り込んでいると、
ピョウリョウ、ピョウリョウ
と2人連れのおばちゃんが話し掛けてくる。
疲れからかなり低下していた思考能力を駆使して
彼女らが言っていることの理解に努める。
もしかして、漂流のことかも。

予想通り、細い丸太で組まれた筏が待っていた。
筏を漕ぐ夫婦と川下りの運賃の交渉をして、
自転車を積み込み、私も筏に乗り込む。
川下までは1メートルくらいの段差(滝?)が
いくつもあるが、筏でそのまま突っ込んでいく。
そのたびに筏は大きな水しぶきを上げて、
私は筏が壊れないか、心配になる。



アンソール色の世界

私の大好きな画家、ジェームス・アンソールの故郷を訪れた。
北海に面した港町には、
フェリーに乗ってやってきたイギリス紳士たちが
カフェでビジネスランチをしている。
外の席に座るには北風が冷たすぎる。
空はいつもどおり、どんより灰色に曇っている。

丸出しになったキッチンやバスルームの壁の色までも
アンソールの描く油絵と全く同じ色彩の町。




itravelforyou.com 2003年5月15日 ベルギー、オステンドの写真から 撮影: 塩野道可



copyright © 2005 Michika Shiono all rights reserved.



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO